冷凍コンテナの課題とされる消費電力

冷凍コンテナは、食料品や医薬品などの鮮度が落ちる商品類を保存する上で必須となり、主に大容量を収納できる様なスペースが確保されています。使われる場所は飲食店を始め、物流の倉庫・スーパー・工場・船舶など様々な場所で重宝されます。その消費電力は床面積による広さによって違いが生じ、3坪から8坪までといった具合に広さを基準として違いが生じます。
3坪であれば3.7kwh前後が普通で、8坪であれば5.5kwh前後となるのが一般的です。貨物に馴染むことから運搬で移動させることができるので設置するスペースがあれば、そこに重機を用いて吊り上げてしっかりと設置を行うことができます。実際には期間を区切っての利用となるため、レンタル会社からのレンタルで賄うことも多く、それを必要とする店舗や企業が借りる形になります。

導入時の考慮すべきポイントは何か

冷凍コンテナを導入するにあたっては幾つかのポイントが存在し、そのポイントを押さえることが必要となります。まずどういった目的で使用するのかという点とその収容するのに必要となる広さはどのくらいになるかという点が重要です。それによって様々なタイプの製品が存在するため、適合したタイプの製品を選択することになります。そして設置する場所と電源をどのように供給していくかの二つです。
大きさのサイズは3坪~8坪まで坪単位が存在しますが、重さも3~10tまでになるので確実的に重機を使っての設置が必要となります。もちろん設置を行うだけでなく、電力の供給を行う必要があり、200V電源から400V三相の電源を必要とされるため、それを供給する電源工事を行うことがポイントです。消費電力もかなりかかるため、稼働のための電気代もかかります。

素材の種類などによって電力の供給量を減少させることも可能

冷凍コンテナは、主に腐敗しやすい商品類の保存を行う上で活用されますが、冷気を外に逃がさない断熱素材を使うのが一般的です。住宅における断熱材の利用よりも冷気を絶対に逃がさないための工夫を施します。素材の種類は外板・天井・床にはアルミ合金製、内装の壁にはステンレス製となります。そして断熱材には厚めの硬質ウレタンを用いて、完全に外気をシャットアウトする材質を用いています。
こうした遮熱のための素材を用いていくことで消費電力を抑えることに貢献することも可能です。なお電力を供給する時の電源を確保することがポイントですが、天井部分に太陽光パネルを活用して発電を行い、それによって電力の一部を賄う方法を採用するタイプも存在します。その仕組みを使うと従来の電力量の最大10分の1まで抑えることができるメリットもあります。